FC2ブログ

ドリフト&グリップ 峠の走り屋!最新情報♪

走り屋の為の、お役立ち情報の紹介

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

車を運転中、ハンドルがとられて、まっすぐに走らない 


平らな直線の道を走っているのに、ハンドルがとられて、

車の車体が、右や左にそれて行ってしまい、

真っ直ぐに走行出来ないトラブルが出る事があります。

このようなトラブルの原因は…




フロントタイヤのホイール・アライメントが

狂っている可能性があります。

ホイール・アライメント狂っていると、

ハンドルを直進の状態にしても、

タイヤが、左右のどちらかに傾いていて

真っ直ぐになっていないので、

どちらか、左右に車が走ってしまいます。


特にフロントタイヤのアライメントの

トウ(トー)角が狂っていると、

ちょっとした、道路の路面のうねりや段差などに


車の進行方向が影響してしまいます。

専門のアライメント測定装置のある整備工場で

調整してもらいましょう。



稀ですが、事故車などで、微妙に

フレームが歪んでいるような車の場合

ホイール・アライメントの調整が

上手くいかない場合もあります。

その場合は完全に直すのは難しく

出来る範囲で、正常に走行出来るように

調整するしかありません。



そのほかには、パワーステアリング関係の

トラブルが原因の事もあります。

パワー・ステアリング関係のトラブルの場合は

関係する部品を交換すれば正常に走行できるようになります。


走行中にハンドルがとられるトラブルが出た場合は、

危険ですので、早めに修理してもらいましょう。


category: 車のトラブル

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tougedrifting.blog43.fc2.com/tb.php/21-1dfcbd0c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。