ドリフト&グリップ 峠の走り屋!最新情報♪

走り屋の為の、お役立ち情報の紹介

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

アイドリング時のエンジン振動が大きい 

古い車に起こりやすいトラブルで、

車のボディが、ガタガタ震えたり、

時にはエンジンがストップすることもあります。

このようなトラブルの原因は



エンジンのキャブレターやインジェクションの

アイドル調整がずれてきて、アイドリングの回転が

不安定になりトラブルが起こっていることが多いです。


アイドリングの調整は、キャブレターやインジェクションの

近くにある、アイドル・アジャスティング・スクリューを

ドライバーで回して調整出来ます。

しかし、これらの作業は、プロに任せた方がよいでしょう。

(アイドリング適正回転数は決まっている。
  また、排気ガスの濃度にも影響を与える為)


そのほか、アイドリング時のエンジン振動が大きい時に

考えられる原因は、スパーク・プラグの異常が考えられます。

スパーク・プラグから火花が飛ばないと、

ガソリンは正常に燃焼することが出来ず、

エンジンの回転にムラが起きてしまいます。

この場合は、プラグの清掃や交換をしましょう。

プラグコードがダメになっていることもありますので

同時に点検しておきましょう。




category: 車のトラブル

thread: 整備 - janre: 車・バイク

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tougedrifting.blog43.fc2.com/tb.php/18-42e9a8aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。