ドリフト&グリップ 峠の走り屋!最新情報♪

走り屋の為の、お役立ち情報の紹介

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

スムーズにコーナリングするためのポイント 


車を速く走らせる、スポーツ・ドライビングの楽しさは、

コーナリングにありますが、もっとも難しく、

テクニックを要するのもコーナリングです。

ドライバーの持てるテクニックをフル活用して、

車をコントロールしましょう。



コーナリングでは、ブレーキング、シフトダウン、

ステアリング操作など、短時間で正確に

行わなければいけないので、初心者のうちは、

ギクシャクした走りになりがちです。


スムーズにコーナリングするためには、

一つ一つの運転操作を正確に行い、

それぞれをスムーズにつないでいくように心がけましょう。


コーナーの進入では、コーナリングスピードが高くなるように

アウト、イン、アウトの走行ラインをとります。

コーナーのアウト側では、車が曲がれるスピードまで減速しますが、

そのブレーキングポイントは、車のスピードやコーナーのR、

路面の状況や、タイヤのグリップレベルなど、その時の状況に

よって変わってきます。


ポイントは、コーナー奥で、車の方向を変える地点までに、

必要な分だけスピードを落とせるようにすることです。

これは、沢山車を走らせて体感しながら

覚えていくしかありません。

最初は低いスピードで練習していくと良いでしょう。


ブレーキングのときには、コーナー脱出にそなえて、

同時にシフトダウンしておく必要があります。

これは、コーナー出口で素早く加速するためです。


ブレーキングと、シフトダウンを同時に行うのは

難しいのですが、車のスピードが落ちてきた

タイミングで行うと操作しやすいでしょう。

上手く出来るようになってきたら、

ヒール&トゥを使って、シフトダウンを行いましょう。


ここでのポイントは、シフトダウンは、

コーナーに入る手前で、

終わらせておかなければならないということです。


コーナリング中にシフトチェンジをすると車の挙動が乱れ

不安定になってしまいます。

また、ステアリングは片手の操作になってしまい

正確なステアリング操作の妨げになります。

ブレーキとシフトダウンを済ませてから、

コーナーの奥まで入ったら、ステアリングを切って

車を旋回させます。


コーナー手前で必要なだけ減速していれば、

無理なく曲がることが出来ます。

車が旋回した後は、加速しながらコーナーを脱出します。

車の方向がコーナー出口を向いたら、

ステアリングを戻しながら、アクセルを踏み込んでいきます。

以上がコーナリングのポイントです。

操作に慣れるまでは一つ一つの操作を

確実に行う事を心がけましょう。



category: 走り屋の豆知識

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tougedrifting.blog43.fc2.com/tb.php/15-7a1f74ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。