FC2ブログ

ドリフト&グリップ 峠の走り屋!最新情報♪

走り屋の為の、お役立ち情報の紹介

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

コーナーリング・ラインは、アウト・イン・アウトで 

コーナーを速く走るには、ラインどりが重要です。

ラインどりというのは、道路のどの部分を走るかということです。

そこで基本となるのが、「アウト・イン・アウト」

というラインどりです。



車がコーナリングするときには、遠心力が働きます。

同じスピードなら、コーナーの半径が大きいほど、

(カーブがゆるいほど)遠心力が小さくなります。

そのため、コーナーの入り口では、アウト(外側)、

頂点では、イン(内側)、出口ではアウト(外側)

というラインを通れば、半径を大きくすることができます。


つまり、同じコーナーでも、緩やかなカーブを描いて

コーナリングすることが出来るのです。


これが、アウト・イン・アウトのラインどりですが

車は最大円のコースを通ることになるので、

無理なく、速く、安全にコーナーをクリアできるのです。


もちろん、このコーナリングは、

「スローイン・ファーストアウト」によって可能になります。


実際の走り方をイメージしてみましょう。

まず、コーナーの進入時では、ブレーキを直進状態で、

出来るだけ短時間で終了させます。

そして、アクセルを半分程度踏んだハーフ・スロットルで、

コーナーの奥まで入り、そこで車の方向を変えていき

車の方向が変わったら加速を開始します。


加速を開始するのはコーナーの頂点よりもやや手前です。

これは、コーナーからの脱出速度を速くするためで、

出来るだけ直線に近いラインを選んで加速していきます。

直線に近いほど、加速しやすくなります。

脱出ラインの途中にある、クリッピング・ポイントは、

車がコーナーの、もっともイン側に近づく地点のことで

これを出口側に置くほど脱出ラインはゆるやかで、

直線的になりロスの少ない加速が出来ます。

これをコーナーの頂点近くに置くと、

脱出ラインはきつくなってしまいます。


アウト・イン・アウトのラインどりは、

サーキットでの走行でやりましょう。

対向車のある一般公道でこれをやると危険です。

一般公道では、くれぐれもセンターラインを

はみ出さず、安全運転を心がけましょう。

category: 走り屋の豆知識

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tougedrifting.blog43.fc2.com/tb.php/13-f7d3a061
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。