FC2ブログ

ドリフト&グリップ 峠の走り屋!最新情報♪

走り屋の為の、お役立ち情報の紹介

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

コーナリングは、スローイン・ファーストアウトが鉄則 


スポーツ・ドライビング最大の醍醐味は、

コーナリングといってよいでしょう。

イメージ通りの理想のラインでコーナーを

クリアー出来た時の爽快感は何ものにも勝るものがあります。

コーナリングは、スローイン・ファーストアウトが鉄則です。

これは、スピードを落としてコーナーに入り(スローイン)

速いスピードでコーナーを脱出する(ファーストアウト)ことで、

コーナーを速く、しかも安全にクリアーするための方法です。



一般の走行時でも、コーナーを曲がる時は、コーナーの手前で

スピードを落として、ステアリングを切り、前方が安全であることを

確認してから、アクセルを踏み込んでいるはずです。

スポーツ・ドライビングでも、それと同じことをするわけですが、

さらに徹底して行うことが重要なポイントです。


コーナーに進入するときは、まずアプローチ区間で十分に

スピードを落としておき、車の方向を変え、

車がコーナーの一番奥(クリッピング・ポイント)を過ぎて

出口の方向を向いたら、アクセルを開けて

スピードを上げながらコーナーを脱出します。


ここで間違えないようにしたいのは、

スローイン・ファーストアウトと言うのは、

減速しながらコーナーに進入し、そのまま減速を続けながら

コーナーの頂点(クリッピング・ポイント)まで行き、

そこから加速するのではないということです。


減速はコーナーの進入までに終わらせておき、

コーナーに入ったら定速で走行し、

コーナーの頂点(クリッピング・ポイント)を過ぎた所から

加速するというのが正しい方法です。


また、コーナー進入時に、スピードが高すぎると、

タイヤがグリップ限界を超え、狙ったラインを走れなかったり

車が姿勢を大きく乱したり、最悪の場合はコースアウトしてしまいます。


逆に遅すぎると、危険は少なくなりますが、その分加速するのに

時間がかかってしまいます。


ですから、アプローチ区間では、タイヤのグリップや、路面の状態、

コーナーのR(半径)に最適なスピード・コントロールが

必要になってきます。


これらをマスターするのは、そう簡単なことではありませんが、

まずは、コーナーは、スローイン・ファーストアウトで

走行するということを、頭に叩き込み、練習すると良いでしょう。

category: 走り屋の豆知識

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tougedrifting.blog43.fc2.com/tb.php/11-bc1b0b78
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。